【武の美 -武楽(ぶがく)- 公演案内】【武藝会通信】

bugakuza.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

■武楽PV@【シブヤテレビジョン】■雑誌【Smack!】■

a0077459_17564720.jpg


■一月十五日から武楽のPVが【シブヤテレビジョン】(渋谷の大型街頭ビジョン6台)に放映されております。
a0077459_17513623.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=FWtuRGEFkdM
a0077459_20471623.jpg
a0077459_2046381.jpg

今回は、1分バージョンと長くなり源光士郎のインタビュー映像も入っております。
渋谷にお出かけの際はチェックしてみて下さい。

a0077459_12275622.jpga0077459_12311674.jpg※場所は、渋谷駅ハチ公口前三千里薬局、
TOWER RECORDS 渋谷店、
ヒューマックスパビリオン、
ABCマート センター街店、
シブヤセンタービル、
KN渋谷2です。
http://www.sib.tv/about/aboutus.html


■渋谷エンターテイメントマガジン【Smack!】(フリーペーパー)の2月号に、武楽の特集と、源光士郎のインタビュー記事が掲載されます。

校正、画像チェックしましたが、素晴らしい特集になっています。

二月は、源光士郎の誕生月なので、嬉しいプレゼントと思い大変感謝しております。
[PR]
by bugakuza | 2007-01-16 01:37 | ■メディア掲載■

■KMA和楽ライブ■入場無料■

小鼓の今井尋也が講師をしている国立音楽院の和楽を中心としたイベントです。
幕間芝居の演出から小鼓の演奏、創作能「翁」の音楽まで幅広く活躍しています。

武楽座がお世話になっている方も多数出演しております。

入場無料ですのでぜひぜひ見に来て下さい。

■KMA和楽ライブ■入場無料■

このイベントは日本の和楽器を中心としたイベント!今年のテーマは「時代の流れ」それぞれの演目が奈良時代にちなんだ古典音楽から昭和時代に至るまで普段お目にかかれない楽器のオンパレードです!
若い才能がぞくぞく出てブーム現象を起こしている邦楽ですが、国立音楽院ではそれに輪をかけてブーム2〜ブーム3の賑わい。ベースは「即興」が毎日の音楽として活き活き脈打っている学内環境にあります。クラシカルと三味線、ロックと筝といったコラボは当たり前。英国Trinity音大ジャズメンとの国際親善セッション、「邦楽構造改革(!)」に続き、今春のイベント・タイトルは「WA・GA・KU」。伝統的な邦楽演奏と、声明や物売り、尺八トリオのジャズなどゴチャ混ぜにして、すばらしく音楽的な快演が生まれました。世間をワッ!と驚かすオモシロ痛快「和楽」、ここだけです。(国立音楽院学科トピックスより)
http://www.kma.co.jp/live.php?id=32

日時:平成19年1月19日(金)
時間:16:00会場OPEN 16:30開演 
             20:00終演

場所:こまばエミナース
   東京都目黒区大橋2−19−5
    03−3485−1411

−時代の郷境を越える日本音楽の旅−

<平安から室町、そして新作能>

■ 武道と太鼓(作曲 吉住真由美)

■ 平安の舞

「早鬢多々良(はやびんたたら)」(白拍子・龍笛)

小鼓「カケリ」(伝統曲)

■ 新作英語能

「マンハッタン翁(Manhattan OKINA)」(世界初演)

<沖縄から北海道まで>

三宅太鼓(東京都三宅島)

三線(沖縄)

箏(現代邦楽)

新内(江戸)

民謡(富山、東京、青森、北海道)

大正琴(名古屋)

大江戸助六太鼓(東京)

<生徒作品>

荒井石蕗(和太鼓、小鼓セッション)

赤石光海(箏、フルート、チェロ)

綿貫幸昌(ジャズ)

<K・M・Aおなじみの『トリ』>

八丈太鼓(東京)、秩父屋台太鼓(秩父)

−ロビーでは「江戸物売りの声」パフォーマンスを行います−

<特別出演>

● リチャード・エマート(英語能)

武蔵野大学文学部教授、能の喜多流仕舞教士、英語能の劇団「シアター能楽」の芸術監督

● 佐久間次郎(観世流能楽師)

社団法人「観世九皐会」所属、能楽協会会員

● PALLADIUM
ロンドンより国立音楽院に来校するウルトラPOPバンド、今回の和楽LIVEの他、様々なイベントで学院生とのコラボレーション企画を予定。
<ゲスト講師>

● 宮田章司(江戸売り声)

和風漫談家。ただ一人の「江戸売り声」を寄席芸として活躍する。社団法人落語芸術協会会員。


*障害者の方でも来場出来ます(事前に下記教務までご連絡ください)

問い合わせ 154−0001
      東京都世田谷区池尻3−28−8
      国立音楽院 教務 係
       03−5431−8085
[PR]
by bugakuza | 2007-01-15 13:59 | 武楽メンバー活動情報

◎ありがとうございました◎

観に来ていただいたたくさんの皆様、サポートして下さった方々、そして一緒に作り上げてくれたみんな、今後ともよろしくお願い致します。

集計の結果、用意した椅子席300席は満席で、300人以上の方に見に来て頂けました。
本当にありがとうございました。

皆さんのご感想も予想を超える大好評でした。

当日楽屋口にて、能の宝生流17世宗家宝生九郎重英を祖父に、舞踏演出家 横井茂を父に持ち、 祖母、母は草月流の華道家という環境で育った華道家の横井紅炎さん(草月流)が言って下さった感想の第一声『能のバージョンアップですね!』を聞いた時、武楽にとっての桶狭間、義元の首級取ったりと確信しました。

こころより感謝申し上げます。

[PR]
by bugakuza | 2007-01-06 02:04 | ■武楽通信■

謹賀新年

a0077459_95137100.jpg


今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by bugakuza | 2007-01-01 09:51 | ■武楽通信■

和太鼓、小鼓、能管などによる力強い奏楽と琵琶語り、そして武道・武術の動きを基にした武踏による躍動的な技藝「武楽」の公演 及び 武藝の稽古、研究を目的とした会「武藝会」の案内です。


by bugakuza
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31